コンタクトレンズ通販レンズオン

『コレクター福富太郎の眼』展覧会|【2点の絵】

※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
アート
スポンサーリンク

昨年ですが、『コレクター福富太郎の眼』展をあべのハルカス美術館で鑑賞してきました。

そのなかで、私が印象的であった2点の絵をピックアップしてみました。

「コレクター福富太郎の眼」展覧会の概要

まず最初に展覧会の概要ですが

会場   あべのハルカス美術館
     大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス16F

開催期間  2021年11月20日(土)~ 2022年1月16日(日)(終了しました)

概 要

高度成長期を生き生きと駆け抜けた実業家福富太郎(1931~2018)は、近代日本  絵画の屈指のコレクターでもありました。
本展は、作品を追い求めた福富太郎の眼に焦点をあて、鏑木清方や北野恒富に代表される東西画家の美人画をはじめ、時代を映す黎明期の洋画から戦争画に至るまで、その類まれなるコレクションの魅力を約80点の作品をとおしてご紹介します。

出典:あべのハルカス美術館

福富太郎は昭和を代表する実業家です。

31歳でキャバレーの立ち上げ、全国に44店舗を展開させ

キャバレー王」と呼ばれた実業家だったそうです。

「眠れる女」:コレクションの流れとは違う癒しの絵

彼のコレクションを観ていると、やはり独特の特徴を持った絵が多いことに気が付きます。

どこか、情念や怨念のような「念」を感じる絵が多いなと。

これは、キャバレーを経営する実業家という

一種特別な世界を携わる方ならではの、美術選眼かなと感じました。(個人的偏見です)

その中で、少し傾向とは違いますが、気に入った絵があったので、絵葉書を購入しました。

山本芳翠「眠れる女」>です。

すごく優しい表情で眠っている女性ですね。

なぜ、福富氏がこの絵を選ばれたのかがよくわからないのですが

私はこの絵を観た時に吸い込まれるように見続けていました。

展示されている絵がかなり刺激的な作品が多かったので

この絵は大変癒されました。

「軍人の妻」:刺激的な絵だがじっくり鑑賞してほしい絵

もう1点は先程の絵とはまったく違いますが

この絵も強烈な印象を残しました。

満谷国四郎「軍人の妻」>です。

この絵を観た時は、全身が“ぞわっ”としました。

なんて悲しい絵なんだろう。なんてつらい絵なんだろう。

これが戦争の姿だと思いました。

心への衝撃が大きくて、正視できない人も多くいるかもしれませんが

この絵はもっと世間に知ってほしい絵だとも思いましたね。

この絵を観るだけでもこの展覧会は価値があると思います。

今後も各地巡回予定です。

この展覧会はこれからも日本の各地を巡回するようですね。

是非機会があれば鑑賞してほしいと思います。

・高知県立美術館
会期:2022年1月29日(土)〜3月21日(月・祝) (終了しました)
住所:高知県高知市高須353-2
・富山県水墨美術館
会期:2022年7月15日(金)〜9月4日(日)
住所:富山県富山市五福777
・岩手県立美術館
会期:2022年9月17日(土)〜11月6日(日)
住所:岩手県盛岡市本宮字松幅12-3

引用:Fashion Press net

追記:ツイッターネタ

なかなか面白いツイッター記事がありました。

写真も豊富です。

これから、行かれる方は参考になると思います。

芸術新潮 2021年5月号
芸術新潮 2021年5月号
にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました