小説

『夏目漱石』が興しろかった本【3選】/『ミチクサ先生』他漫画、ガイド本

夏目漱石は「吾輩は猫である」とか「坊ちゃん」などの著者である、 ということは、知っているけど 夏目漱石がどんな人物かをもっとよく知りたい方へお薦め本3冊ご紹介。 小説、漫画、ガイド本 1冊目 小説 『ミチクサ先生』...
映画

映画『そして、バトンは渡された』/“ありえない”と「実は○○」の映画

映画『そして、バトンは渡された』鑑賞しました。 本屋大賞を受賞した同名小説が本屋さんで並んでいるのが気になっていましたが 読書するところまではいかず まずは映画で鑑賞してみることにしました。 (C)2021 映画「...

小説『イノセント・デイズ』早見和真著 | 色々まとめ

「ニューヨーク」屋敷さんのYouTubeでこの本を知った この小説を知ったのは 漫才師「ニューヨーク」の屋敷さんのYouTubeのチャンネルだった。 屋敷さんがお薦めの本を紹介している中の1冊でした。 屋敷...
漫画

漫画『ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた』【哲学者語録まとめ】

哲学をサクッと学びたい方にはお薦めの漫画です。 「ラブコメ、優しい哲学指南書」です。 漫画本の概要 『ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。』は 原田まりるさんの小説を原作に漫画にしたもので...
映画

映画『護られなかった者たちへ』佐藤健、阿部寛、清原果耶主演 【おすすめ映画】

予備知識なしでこの映画を観た。 想像以上にいい映画だなと感じました。 東北の震災の悲惨さ それに伴う貧困の現実 社会の冷淡さや無常さ 理不尽と無力感 そんなことがひしひしと感じられる映画でした。 ...

小説『自由は死せず』門井慶喜著|板垣退助物語『自由』3つのエピソード

板垣退助と聞いて真っ先に思い浮かぶ言葉が 「板垣死すとも自由は死せず」 何か暗殺されそうになった時に発した「名言」。 あとは昔の「100円札の肖像」の人物。 出典:日本銀行 が思い出されるが、詳しいことは知ら...

『谷崎マンガ』谷崎潤一郎原作を漫画化|ざっくり知りたい人へおすすめ

谷崎潤一郎の小説は「痴人の愛」等を遠い昔に読んだことが有るような無いような。。 それ位の記憶なので、知らないと言った方がいいかもしれない。 ただ、谷崎潤一郎のことは凄く興味があって 『文豪ナビ』のようなざっくり紹介本や ...
映画

映画『キネマの神様』は山田洋次監督の「ニューショウワシネマ」でした

原田マハさんの原作小説『キネマの神様』を2014年に読んでいて 凄くいい小説の印象があったので この映画は楽しみにしていました。 しかし、原作とは全く別物で 『キネマの神様』タイトルだけが同じ“監督山田洋次の『キネ...
映画

映画『ドライブ・マイ・カー』村上春樹原作|大きな流れと見どころ

まるで「劇中劇」のような緊張感のある映画でした 『ドライブ・マイ・カー』観ました。 この映画、戯曲「ワーニャ伯父さん」の舞台の準備を進めることで、 ドラマの時間軸が流れていくんですが 私はこの映画自体が「演劇を行う...

江戸川乱歩『人間椅子』|8ページの漫画でこの小説の凄さを知った

8ページの漫画とは 私が、江戸川乱歩の『人間椅子』を知ったのは 『定番すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む』という漫画でした。 著者は「ドリヤス工場」 発行 リイド社 平成28年8月に...
タイトルとURLをコピーしました