コンタクトレンズ通販レンズオン

BS日テレ【ぶらぶら美術・博物館】“佐伯祐三”展/紹介作品のまとめ

※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
テレビ
スポンサーリンク

23年2月14日BS日テレ放送の

『ぶらぶら美術・博物館』夭逝の天才画家“佐伯祐三”展

〜傑作120点が一堂に!命を懸けた画業のすべて〜

東京ステーションギャラリーで開催中の「佐伯祐三」展へ!

鑑賞しました。

出典:ぶらぶら美術・博物館より

佐伯祐三は好きな画家の1人で

この番組を楽しみにしていました。

今回は番組の構成に沿って紹介された絵を

古書店で買った「アサヒグラフ」(1983年2月15日発行)の画集の絵で

追いかけながら

備忘録としてまとめていきたいと思います。

ぶらぶら美術・博物館「佐伯祐三」展の紹介作品

番組の総まとめが、ぶらぶら美術・博物館のHPに載っていましたので

この流れで作品を紹介していくこととしましょう。

ぶらぶら美術・博物館HP

自画像

まず最初に紹介されたのは

東京美術学校時代の自画像(右側1923年、左1924年)

なんでもできてしまう「器用で上手い画家」だった。

大学でもトップクラスの成績。

天才肌の画家だったようですね。

デッサンはずば抜けて上手かったようですね。

立てる自画像

パリに渡って絵を描いていくなかで

友人にフォービズムのブランマルクを紹介してもらい

自作絵を観てもらうが

「このアカデミック!」と全否定されてしまう。

そこから、自らの絵を模索し始めた頃の絵

立てる自画像(1924年)

大阪中之島美術館

(この絵だけがアサヒグラフには載せられていませんでした)

今までの自分の概念を叩き壊して

ここから新たな自分の絵を確立し始める。

 



コルドヌリ(靴屋)・ 壁

佐伯祐三らしさが出始めた絵

右:コルドヌリ(靴屋)1925年

左: 1925年

特徴である

正面性壁の重厚感書き文字

それらを表現し始めた絵画。

下落合風景 ・ 滞船

ようやく独自の絵が描けるようになってきたが

体調面(結核の状態)も良くなく、兄に日本へ帰国させらされる。

それから日本で制作する絵にも特徴が表れていた。

下落合風景 1926年(右、左とも)

滞船(右側1926年)

電柱やマスト等、縦の線(垂直線)にこだわりがあることが特徴的

ガス灯と広告 ・ モランの寺

病を押してでも、佐伯はパリへ戻ってきて

再び制作を始める。

自らの死期を感じているがごとく

猛烈なスピードで絵を仕上げていく。

それは1日に1枚以上の制作になっていきます。

その頃に描いた絵が

左側:ガス灯と広告(1927年)

右側:新聞屋(1927年)

モランの寺(1928年)3作品とも

この絵も確か紹介されたと思います。

郵便配達夫 ・ 扉

病であるにもかかわらず、雨の中でも制作する佐伯。

当然、病は悪化をたどっていく。

そして、30歳にして亡くなってしまうのですが

亡くなる前の代表的は作品として

右側:郵便配達夫(1928年)

左側:ロシアの少女(1928年)

結核の病で臥せっているいる人が描いた絵とは思えない

力強さを感じます。

そして、最後に紹介されたのが

左側:(1928年)でした。

少し扉が開いていて

その向こうに佐伯は次の世界を見ていたのではないかと。

やり切った感と無念さとが滲む絵にも見えました。

佐伯祐三展、ぶらぶら美術・博物館情報まとめ

最後に展覧会の情報ぶらぶら美術・博物館情報まとめておきます。

「佐伯祐三 自画像としての風景ホームページ

東京会場:東京ステーションギャラリー 23年4月2日まで ホームページ

大阪会場:大阪中之島美術館 23年4月15日~6月25日まで ホームページ

ぶらぶら美術・博物館 ホームページ

YouTube

画集をスマホ写真で撮ったので見ずらかったと思います。

大変失礼致しました。

でもそれが個人ブログの面白さかなとも思っています。

私は大阪在住なので、大阪中之島美術館の開催を楽しみにしています。

最後まで御覧頂きありがとうございました。

大阪中之島美術館「佐伯祐三 ー 自画像としての風景」展を鑑賞

23年5月4日に「佐伯祐三 ー 自画像としての風景」展を大阪中之島美術館にて

鑑賞してきました。

140点の作品を鑑賞でき大変満足しています

少し違った角度からブログまとめてみました。

よかったら覗いてみてください。(^^)

『佐伯祐三展』大阪/娘、ゴッホ、郵便配達夫、かわいい作品選/グッズも
先日、大阪中之島美術館で開催中(23年6月25日まで)の 「佐伯祐三 ー 自画像としての風景」展を鑑賞してきました。 140点が一堂に会する回顧展とあって 大変、見ごたえと充実した内容だったと感じました。 今回は佐伯祐三の絵の印象を変えた作...

コメント

タイトルとURLをコピーしました