韓国コスメ スポンサーリンク

“岸辺露伴”の豪邸は『葉山加地邸』/「ラストマン」護道家別荘も

※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
建物
スポンサーリンク

『岸辺露伴は動かない』に出てくる岸辺露伴の豪邸

気になったので調べてみると

岸辺露伴は動かないツイッターより

神奈川県の葉山にある旧加地邸であることがわかりました。

   出典:#casa

今は宿泊施設『葉山加地邸』として、

一般の方も利用できるようですが

是非機会があれば行ってみたいですね。

ホームページに端的に建物の表現されていたのでご紹介しておきます。

帝国ホテルを彷彿させる意匠を
住宅に凝縮させた、絢爛の館へ。

巨匠フランク・ロイド・ライトの薫陶を受けた愛弟子・遠藤新が1928年、師の意匠を色濃く反映させて設計。

葉山の自然と融和したプレイリースタイル、重なり合う構造と大谷石……。

当時のモダニズム建築の粋を凝らし、財と贅を尽くした全一の空間を、現代に蘇生。国指定登録有形文化財にも登録され、今なお“有る”ことが奇跡のような建築を、心ゆくまでご感受いただけます。

引用:葉山加地邸HP

 



葉山加地邸の説明文にもありますように

ドラマの放送でお屋敷の部屋を観た時に

どこか帝国ホテルの意匠が感じられて

それは大谷石らしき壁が映っていたからなんですね。

もしやと思っていましたが、

この建物の設計者は

フランク・ロイド・ライトの愛弟子遠藤新氏だったんですね。

建築ファンであればわかると思うのですが

フランク・ロイド・ライト旧帝国ホテル大谷石の多用多様の美 

で連想できますから。

そしてその愛弟子の遠藤新は

そのDNAをふんだんに生かした建築となるわけですが

やはりその特徴ははっきりわかりますよね。

この建物も老朽化が進んでいるようですが

慎重にリフォームをされているようで

その美しさは今も残っているように見かけます。

これからも現役として後世に残されていくことを望んでいます。

 



23年5月追記日曜劇場「ラストマン」にも登場していたそうです。

第6話で登場する護道家の別荘で、

清二(寺尾聰)の誕生日パーティーをする場面は

この部屋じゃないでしょうか。

壁の石組みが映っていましたね。

japan-architectsより

左手の扉のデザインも特徴的だったので、

まずこの部屋だと思います。

 



追記:『岸辺露伴ルーヴルへ行く』

24年5月6日NHKで放送があるようです。

その後、新作も5月10日に放送があるようです。

追記:『帝国ホテル建築物語』植松三十里著

『帝国ホテル建築物語』植松三十里著という本の中に

準主人公に建築家の遠藤新

フランク・ロイド・ライトの愛弟子として登場し、

若き遠藤氏の姿が生き生きと描かれています。

大変感動した小説でした。

ブログ書きました。

よかったら覗いてみてください。

『帝国ホテル建築物語』植松三十里著【建築ファン必読】
私は建築家モノの小説も好きなので、 よくチェックしているがこの本は初めて知った。 植松三十里さんも初読みの作家さんです。 文章に癖が無く、とても読みやすかった。 表紙帯の阿川佐和子さんの推薦通り、感動の1冊に巡り合えました。 プロローグは谷...


コメント

タイトルとURLをコピーしました