スポンサーリンク

映画『舟を編む』三浦しをん原作【もう一度観たい映画選】

映画
スポンサーリンク

先日、近くのツタヤが閉店することになり

閉店セールとして、DVDが安価で販売されていることを知り

大好きな映画『舟を編む』を見つけたのでを購入しました。

概要 おさらい

『舟を編む』改めて概要おさらいしておきます。

出版社の辞書編集部を舞台に、新しい辞書づくりに取り組む人々の姿を描き、2012年本屋大賞で第1位を獲得した三浦しをんの同名小説を映画化。

玄武書房の営業部に勤める馬締光也は、独特の視点で言葉を捉える能力を買われ、新しい辞書「大渡海(だいとかい)」を編纂する辞書編集部に迎えられる。個性的な編集部の面々に囲まれ、辞書づくりに没頭する馬締は、ある日、林香具矢という女性に出会い、心ひかれる。言葉を扱う仕事をしながらも、香具矢に気持ちを伝える言葉が見つからない馬締だったが……。

馬締役で松田龍平、香具矢役で宮崎あおいが出演。

監督は「川の底からこんにちは」「ハラがコレなんで」の俊英・石井裕也。

第86回アカデミー外国語映画賞の日本代表作品に選出。第37回日本アカデミー賞では最優秀作品賞、最優秀監督賞ほか6冠。

引用:映画.com

原作も映画も輝かしい賞の受賞歴ですね。

三浦しをんさん原作も大変感動し、読書の転機にもなった一冊でした

実は三浦しをんさん原作『舟を編む』も読んでおり

この作品には思い入れも強い作品でした。

また、この作品で小説の面白さを目覚めさせ

これ以降、今まで小説から遠ざかっていた読書に興味を持ち

読書習慣を変化させた一冊でもありました。

小説って面白い!って。

本屋大賞受賞もうなずけた1冊でした。

2回目の鑑賞も全く色あせることは無かった

出典:映画.com

最初の鑑賞では、松田龍平の馬締くん役がどうも真逆のキャラの様で

心配していたんですが、

全く違和感なく、演技されていることに驚きました。

さすがに今回2回目の鑑賞では、その新鮮さは無くなっていたのですが

宮崎あおいさんの香具矢の美しさは変わらなかった

(この映画が本当に観たかったのは、宮崎あおいさんでしたから。ファンなもので(笑))

それにしても、笑いあり涙ありで作品の感動は同じでしたね。

2回目鑑賞で気付いたこと

今回2回目で気付いたことは

作品自体が辞書の編纂のように、丁寧に時間をかけて作っているなと感じたことでした。

1回目にはない懐の深さを感じましたね。

また、黒木華さんや又吉直樹さん等も出演されていることも

前回は気付かなかったので少し驚いたところです。

やはり、大好きな映画は観る度に違った一面が見えたり

感じるところも変わってくるものだなと感じました。

まとめ

いづれにしても、当時映画賞を多く取ったのは今でも納得できます。

日本映画らしい作品ではないでしょうか。

今回、たまたまツタヤの閉店セールがなければ

手に入れることも無かったでしょうから

ラッキーだったと思います。

もう一度見直したい映画の1作だと思います。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村


映画レビューランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました