韓国コスメ スポンサーリンク

映画『ミッドナイトスワン』を観て|黒と白の対比がテーマ

※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
映画
スポンサーリンク

この映画はタイトル「ミッドナイトスワン」 “深夜の白鳥”ですよね。

黒と白。この対比の映画だったと感じた。

出典:映画.com

草彅剛さん演じるトランスジェンダー凪沙

服部樹咲(新人女優)さん演じる桜田一果

母親からネグレストを受けるが、

凪沙の元でバレーの才能が花開く中学生

白鳥の湖を踊る一果の真っ白な衣装

その真っ白さを際だたせる、

凪沙の心と体のギャップを抱えながら生きていく姿の対比が

この映画の構成、演出のテーマであると感じられた。

草なぎ剛演じるトランスジェンダーの主人公親の愛情を知らない少女の擬似親子的な愛の姿を描いた、「下衆の愛」の内田英治監督オリジナル脚本によるドラマ。

故郷を離れ、新宿のニューハーフショークラブのステージに立つ、トランスジェンダーの凪沙。ある日、凪沙は養育費目当てで、少女・一果を預かることになる。

常に社会の片隅に追いやられてきた凪沙、実の親の育児放棄によって孤独の中で生きてきた一果。

そんな2人にかつてなかった感情が芽生え始める。

草なぎが主人公・凪沙役を、オーディションで抜擢された新人の服部樹咲が一果役を演じるほか、水川あさみ、真飛聖、田口トモロヲらが共演。

出典:映画.com

原作は監督である内田英治氏ということなので、

ご自分のイメージ通りの映画になったと思うのだが。



このシーンは少し2人の気持ちが近づいたシーン。

観ている方もほんわか温かくなりました。

出典:映画.com

この映画の最も印象に残ったのが、

凪沙の性転換手術を受けたが、アフターケアを怠り

紙おむつに血が滲み、ベット横たわる瀕死の状態の凪沙の姿だろう。

タイでの手術がうまくいかなかったのだろうか?

実際にこんな悲惨な状態になることがあるんだろうか?

と顔をしかめながらこのシーンを観ていたのだが、

後でネットで調べてみると、

映画に対して一部のLGBT当事者や専門家からの批判も多いよう

医療専門家の意見としては現実には考えにくいとの意見

まあ、こういった情報を知ってちょっとほっとしたんだけど

インパクト欲しさの映画の演出で描かれたんだろうけど、

強烈なシーンだったので

この映画を観た人は

間違った知識は植え付けられただろうなと感じましたね。

瀕死の状態で二人で海へ。2人は何を考えていたのだろう。

出典:映画.com

その後、凪沙が一果に抱えられながら海を見に行く場面で

凪沙が絶命してしまうシーンだけれども、

幻覚で少女が見えたり、

一果がバレーを踊るところを見ながら亡くなっていく。

最後に凪沙は女性になれたんだろうか、

母親になれたんだろうか。

色々な感情が生まれましたね。



出典:映画.com

日本アカデミー大賞作品賞

草彅剛さんは主演男優賞と輝いた作品。

私の辛口な感じでは、

ややありがちな設定に感じたし、

何か新しさが欲しかったかなと思う。

しかし、ある意味タブーにチャレンジした映画でもあったかも。

日本アカデミー賞は取らなかったようだけど音楽は良かったかな。

映画にも合っていたし、

物語の臨場感を盛り上げたように思う。

最後のエンドロールもしっかり余韻を愉しめながら観れたしね。

最後に、戯言で申し訳ございません。失礼致しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました