スポンサーリンク

大阪のレトロビルを調べるならこの本をお薦め

建物

大阪のレトロビルを調べたり、巡ったりするには、

この「新装版 大大阪モダン建築」の本がお薦めです。

橋爪紳也さん監修で、写真も豊富、ほぼ押さえるべき大阪のレトロビルが載っています。

『新装版 大大阪モダン建築』の概要

近代大阪の代表的建築物をはじめ、モダンな香りをまとうカフェやレストラン、こころを贅沢にする古き良き時代の空間など、今なお息づく「大阪の建築」を歩く見どころ満載のガイドブック!
大阪の代表的な近代建築79件の見どころをカラー写真とテキストで解説。
※本書は、2007年刊行の『大大阪モダン建築』の新装版です。

●大阪検定参考図書 認定
●すでに消滅した近代の名建築も収録 
●エリア別マップ付き

掲載内容
大阪市中央公会堂/大阪府立中之島図書館/日本銀行大阪支店/大阪府庁舎/北浜レトロビルヂング/芝川ビル/綿業会館/築港赤レンガ倉庫など 全79件

引用:青幻舎

青幻舎

初心者からベテランまで愉しめる本

私もこの本を参考に、いくつかの大阪のレトロビルのブログを書いてきました。

この本には、基礎的な歴史や成り立ち等はもちろん書かれていますし、

そのビルの風情から建築的なマニアックなことまで書かれているので

レトロビルファンの初心者からベテランまで満足して頂けるんじゃないでしょうか。

青幻舎
大阪レトロビル【芝川ビル】と【芝川又右衛門邸】について|親子関係って知ってる?
大阪淀屋橋にある『芝川ビル』と現在、愛知県犬山市の『明治村』にある『芝川又右衛門邸』がビルオーナーが親子の関係であることを知って、改めて興味を持ったのでまとめてみました。芝川ビル芝川ビルは大...

レトロビルを見ているとその時代にタイムスリップする感じや

その空間へ行くと、本来の人間の姿に戻れるような感じがいいんですよね。

このガイドブックを持って

もともっとレトロビルを巡ってみたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました