スポンサーリンク

伊集院静著『日傘を差す女』からモネ『日傘をさす女』をピックアップ

アート
スポンサーリンク

伊集院静さんは好きな作家さんの一人ですが

モネも好きな画家なので

この『日傘を差す女』のタイトルからモネの『散歩、日傘をさす女』が印象に残ったので

小説と絵画について、まとめてみました。

『日傘を差す女』文庫になる

『日傘を差す女』は2018年8月単行本として発売され

         2021年7月文庫本として発売された。

私もこの作品は文庫になってから知った作品でサスペンス小説ということで

伊集院さんとしては珍しいなと思い読んでみました。

伊集院さんのサスペンス小説としては「星月夜」に続く2作目だそうです。

<作品紹介>

伝説の男はなぜ死んだのか。

快晴のクリスマス、都心のビルの屋上で、胸に銛が刺さった血まみれの老人の遺体が発見された。老人は和歌山県太地町に住む捕鯨船の伝説の砲手と判明。捜査本部は他殺を裏づける証拠を得られぬまま、自殺と結論づけた。
しかし、その直後、酷似した凶器で殺害された遺体が次々と見つかる。
警視庁捜査一課の草刈大毅と立石豊樹のコンビが、赤坂、和歌山、青森で地を這う捜査の果てにつかんだ真相は……

出典:文藝春秋BOOKS

サスペンスものなので内容は書けませんが、

サスペンス作品として捉えると、その推理やトリックの鋭さとかを

評価してしまいますが、そういったサスペンというよりは

ヒューマンドラマ的な“松本清張”のような小説内容を期待して読まれた方が

満足してもらえるんじゃないでしょうか。

やっぱり「伊集院静」の小説ですからね。

モネ『日傘をさす女』

モネ『散歩、日傘をさす女』ワシントン・ナショナル・ギャラリー

このブログに掲載する絵はすべてウィキペディアからの出典です。

この小説の中に、モネの「散歩、日傘をさす女」の絵画が出てきます。

伊集院さんは絵画や美術にも詳しいので、らしさが出てるなと感じたのと

この絵が頭にあってこの小説は書かれたなと感じました。

伊集院さんの本の中に『美の旅人ーフランスへ』という画集のような

世界の名画を鑑賞しながら旅をする本があるのですが

文庫(小学館文庫)もあります。

<文庫の説明>

〈 書籍の内容 〉
モネは何を見たのか?フランス印象派を巡る旅文庫
新古典主義アングルとロマン派ドラクロワ。
常に対比される二人が本当に描きたかったものとは何か?
このほかに世紀の児とよばれるジェリコー、安堵の画家コローと、来るフランス近代絵画の「印象派」革命前の画家たちの足跡を辿る。
そして旅はセーヌ河へと続く。
印象派の語源ともなった「印象・日の出」を描いたモネ、「ムーラン・ド・ラ・ギャレット」のルノワール、「ポール・マルリーの洪水」を描き河畔の詩人と呼ばれたシスレーなど、光を求めた「印象派」とは一体何だったのか?
作家・伊集院氏の独自の視点でフランス絵画を巡る読んで旅するオールカラー文庫。スペイン編3巻、フランス編全3巻の2巻目です。

引用:小学館

この本の中にモネの『パラソルをさす女』(オルセー美術館)という絵が

紹介されています。

なぜタイトルが『パラソルをさす女』で紹介されているかは定かではないのですが

(ウィキペディアで調べたところフランスでは『左向きの日傘を持つ女』になっていました。

『パラソルをさす女』でネット検索するとこのタイトルで紹介されているHPありましたが。)

色々訳の仕方で呼び方は変わるんでしょうかね。

ちなみにオルセー美術館には『右向きの日傘を持つ女』もあります。

「日傘を差す女」は合計3作品ということになります。

追記:『山田五郎 オトナの教養講座』で「日傘を差す女」の解説

『山田五郎 オトナの教養講座』YouTubeで「日傘を差す女」の解説をされていました。

いや~知らなかったエピソードがたくさんあって

驚きと学びがありました。

参考までに、是非にご覧になってください。

最後に

小説『日傘を差す女』にもこのような女性が登場しますが

名画が好きな方がこのタイトルを見た時には

モネの『散歩、日傘をさす女』を思い浮かべるんじゃないでしょうか。

絵のことも少し知っておくと

この小説を2度愉しむことができそうですね。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました