コンタクト通販 

BS日テレ ドラマ「宮沢賢治の食卓」鈴木亮平主演 感想

※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
テレビ
スポンサーリンク

BS日テレ24年7月9日放送された

鈴木亮平主演ドラマ宮沢賢治の食卓」を鑑賞しました。

WOWOWで放送されたドラマのようですね。

とても得した気分です。

ドラマのジャンル的には

これぞホームドラマという内容でした。

悪人は出てこず、難しいストーリーでもなく

人情味があり、兄妹愛家族愛を感じさせてくれる

内容だったと思います。

ただ、「食卓」とタイトルが付いてはいますが

第一話のコロッケを観る限りは、

敢えて付け加えた感じがして、重要さを感じなかったですね。

 



映画「銀河鉄道の父」を思い出した

このドラマは最初の10分程観て

以前観た映画銀河鉄道の父」を思い出してしまいました。

映画「銀河鉄道の父」は「」(役所広司さん)が

主役として出てきていますが

実際のところは宮沢賢治(菅田将暉さん)がメインで

物語も展開していきます。

その菅田将暉さん演じる宮沢賢治と

今回の鈴木亮平さん演じる宮沢賢治が

ほとんど同じ時代を描かれていて

性格や明るさも同じような表現(演出)をされていたことに

少々驚きもありました。

実際の宮沢賢治はどうだったのかはわからないのですが

お二人の演技を見ていると宮沢賢治はこのような方だったのかなと

想像してしまいましたね。

宮沢賢治は感情が豊かで、まっすぐ

自分の生き方を常に考え思い立てば行動を起こす

ただ、好奇心が強く色々な関心事に走ってしまう

現実の壁にぶち当たり、また自分探しを繰り返す

父親は自分の仕事を継いでほしいが

賢治の生き方も尊重してくれていた父親だったようですね。

第一話の最後はそんな一面も垣間見えたように思います。

 



柳沢慎吾さんがポイント

映画との大きな違いは、柳沢慎吾さんの農民とのシーンでしょう。

(映画では賢治が父親代わりに店番をしていて

貧しい客に泣き付かれ、騙されて

多めのお金を貸すというシーンがありました。)

柳沢慎吾さんと父親との過去のやり取り

仕事の本質を学んだという内容でした。

この場面は今回のドラマのポイントの部分だったと思います。

それにしても柳沢慎吾さんはインパクトを残す役者さんですね。

慎吾さんが登場するだけで場面の色が変わりますから

すごいキャラクターだと思います。

最後に、この物語は妹トシ石橋杏奈さん)が重要な役どころです。

どうしても映画との比較になってしまいそうですが

これからの展開が楽しみですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました