スポンサーリンク

【カルディおすすめ】『ベトナムお米麺ブン』を『ごま味噌めんつゆ』で食べてみた。

ショップ
スポンサーリンク

最近、お米食品に凝っていて

この日も近くの『KALDI COFFEE FARM』でお米食品を物色していたところ

ベトナムお米麺ブン』を見つけたので試しに買ってみた。

ベトナムお米麺ブン Bun

ベトナムお米麺ブン Bun』って初めて知ったので

最初は説明書きを読んでみると

どうも“はるさめ”のような使い方をするようなことが書かれていたので

まあ、そのような味なのかと想像しながら、

まずはお試しと思い買ってみた。

お値段も138円(税込み)でお手頃

袋の中には3玉に分かれていて使いやすそう。

(内容量150gなので1玉は約50gでしょうか)

ベトナムの「フォー」はよく知っているんだけど

ブン」との違いはどうなのかも調べてみると

「全国的に親しまれている大衆料理=国民食」というくくりであれば、フォーももちろん国民食に入りますが、一番最初に挙げるのであれば、それは「ブン(Bun)」という麺。

ブンもフォーと同様米粉から作られた麺ですが、切り麺のフォーに対して、ブンは押し出し麺という特徴があります。また、フォーは平麺が一般的ですが、ブンはストレート麺や縮れ麺と調理によって使い分けることができるため、料理の幅が非常に広いのが特徴です。

引用:ホーチミン観光情報ガイド

だそうです。

Bunの作り方

さて、作り方ですが、表記を読んでみると

つけ麺」にして食べる方法が書いてあったので

その方法で作ってみました。

3~5分水につけておく

①3~5分水につけておく

②水を切った後、沸騰したお湯に入れて2~3分茹でる

③水道の水で軽く締めた後、スープに入れて食べる

 (ザル等用意しておくと水で締めやすくなります)

難しい工程はありません。

お手軽に食べれますね。

ごま味噌めんつゆ

さて、「つけ麺」にして食べようと思ったので

麺つゆ」はどうしようかと考えていて、

普通のそばの麺つゆじゃ面白くないので、KALDIの店内を探していたら

この『ごま味噌めんつゆ』が目に留まったので

こちらで試してみようと購入しました。

お値段398円(税込み)※この日は特価でした

濃縮タイプ(3倍)で内容量200mlです。

この商品1に対して、水を2で薄めて使うタイプです。

お米麺とごま味噌って相性がいいと思い買いました。

※瓶から出したごま味噌の状態。この中に水を入れて混ぜてください。

下記の商品は紹介商品と同じではありません。参考商品です)※くるみ入り

実食!

早速、茹であがったので食べてみることにしましょう。

見た目はつやがあって、やはりフォーに似ているなという印象。

さて一口目は

やや弾力があって、確かにお米麺という味がします。

ごま味噌だれもコクがあって、この麺とは合うように思いました。

2口目以降は、喉ごしもいいので、ばくばくと食べちゃいます。

味の例えが無いかを考えていたら

そう、フォーとそうめんの中間位?の麺

弾力にしろ、味にしろ、そんなふうに感じましたね

分量は女性なら丁度いいんじゃないでしょうか。

男性だと少し物足り無しかもしれませんが

今回のようにお野菜をいくつか添えると丁度いい感じになるかもしれません。

最後に

パッケージにも書いてありますが

グルテンフリーなので、意識されている方にはいい食品だと思います。

今回はつけ麺にしましたが、

温かいスープに入れて食べてもおいしいと思います。

食べ方も色々工夫しても楽しいですね。

味覚や印象については個人の感想なのでご容赦ください。

何か参考になればうれしいです。

(下記の商品は紹介商品と同じではありません。参考商品です)

コメント

タイトルとURLをコピーしました