スポンサーリンク

大阪モダン建築『ダコタハウス』|ショーケンや松田優作が出てきそうな建物

建物
スポンサーリンク

『レトロビル』というよりも『モダン建築』『近代建築』と呼ぶほうが

なんだかしっくりくる建物、『ダコタハウス』です。

ネオロマネスク様式のビルです。

建物の概要

所在地 大阪市西区江戸堀1-23-30

建築年:大正末期~昭和初期

構造 規模:鉄筋コンクリート造り地上4階     地下1階

設計:不詳

下船場(西船場)の近代建築の顔として知られ、シンメトリーを崩した左右非対称のファサードに、庇を互い違いにして変化をもたせている

引用:ウィキペディア

4階  

3階  CLOVER   (美容室)3階4階

2階 IL BECCAFICO (イタリアンレストラン)

1階 The Tavern (イタリアンキュイジーヌ)

地階 多目的スペース 

等が入店しているようです。

以前の資料と現在の姿を比較

少し古い資料の写真を引っ張り出して

今の様子と比較してみました。

出典:ウィキペディア(2008年2月作成)

2022年6月撮影

出典:大大阪モダン建築(2016年6月発行)

2022年6月撮影

1階には「ROBO CAFE」のテナントのサインが見えますね。

ファサード写真

建物の入り口の壁に「ダコタハウス」の名前の名残?がありました。

「ROBO CAFE」のサインを取った後。 ビルの名前「ダコタハウス」があったのでしょうか。

シンメトリーを崩した非対象のファサード

段違いの庇のデザインがこの建物の大きな特徴ですよね。

萩原健一(ショーケン)や松田優作等の俳優が昭和ドラマな中で出てきそうな

そんなビルですね。

(昭和オヤジなので例えが古いですが)

下記の本を参考にしました。

新装版 大大阪モダン建築 輝きの原点。大阪モダンストリートを歩く。
世界に誇る大阪建築完全ガイド 「大大阪」への礎を築いた近代建築をめぐる決定版! 代表的建築物をはじめ、モダンな香りをまとうカフェやレストランや、 こころを贅沢にする古き良き時代の空間など。今なお息づく「大阪の建築」を歩く、見所満載のガイドブック! 明治・大正・昭和初期、モダン大阪に花開いた文化を今に息づく名建築から辿る...
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました