スポンサーリンク

大阪【心斎橋筋商店街】2022年にオープンした気になる3店舗

ショップ
スポンサーリンク

先日、心斎橋筋商店街を散策していて

これは新しいお店じゃない?って

気になったお店を3店舗ピックアップしてみました。

  • NEW ERA OSAKA (22年8月11日オープン)
  • ALLU心斎橋店   (22年12月24日オープン)
  • マツモトキヨシ心斎橋店  (22年12月16日リニュールオープン)

これらのお店は昨年にオープンしたお店です。

大阪ミナミ(心斎橋、なんば)へ行かれた際に

街ぶらの参考になればうれしいです。

NEW ERA OSAKA (キャップ、アパレル)

NEW ERA OSAKAは以前心斎橋筋より少し東の場所にありました。

どうも移転されたようですね。

気が付いたら、心斎橋筋商店街の一等地に

出店されているので驚きました。

(22年8月11日オープン)

大丸百貨店の真ん前ですから。

すぐにわかります。

店内に入ってみると、1階はキャップ、帽子がずらりと並んでいて

NEW ERAらしい売場になっています。

2階3階も売場になっていて、キャップの他アウターもたくさん揃っていました。

この日も吸い込まれていくようにお客様が入店されていました。

人気の高さがわかりましたね。

NEW ERA

お店の特徴

  • 心斎橋駅より徒歩1分、心斎橋商店街側に立地する路面店。
  • 西日本で最も品揃えが幅広く、キッズ、ゴルフカテゴリーも取り揃えています。
  • コラボアイテムの展開も豊富

大阪市中央区心斎橋筋1丁目4番20号 永井ビル

引用:NEW ERA

ALLU心斎橋店 (高級ブランドリユース)

ALLU高級ブランド品のリユースヴィンテージ、アンティークなども)

のお店なんですが

グレードが高いファサードや上質な店内の様子なので

敷居が高すぎて見学もする勇気が出ませんでした。(笑)

同じ心斎橋地区ではアメリカ村にも1店舗あって

更に昨年、22年12月24日に新店オープンされたようです。

心斎橋筋商店街はカジュアルなショップが多い中

これだけ高級感のあるお店ができると

ちょっと浮くような気がするのですが

富裕層の皆さんからすると、百貨店も近く

雨の日でも便利に利用できるので最高かもしれません。

出典:ALLU

ある人のワードローブに眠るヴィンテージは、
いつか他の誰かの個性を物語るアイデンティティになるかもしれない。
ある人がこよなく愛したアンティークウォッチは、
時を経て他の誰かと人生を共に歩むパートナーになるかもしれない。

引用:ALLU

大阪府大阪市中央区心斎橋筋2-1-19

マツモトキヨシ心斎橋店 (新ショップデザインに注目)

3店舗目は皆さんご存知の「マツキヨ」ですが

こちらのお店も22年12月16日にリニューアルオープンをされています。

注目は新しいショップデザインです。

今までは通常のマツモトキヨシのドラッグストアらしい店舗イメージでしたが

今回は若い人達へのアピールを考えたのでしょうか、

アメコミっぽい店名ロゴ

スタイリッシュな店内デザインが印象的です。

マツキヨのイメージカラーの黄色が全面に表現しているのも特徴ですね。

心斎橋地区にはマツキヨの店舗は3店舗あるので

自社の店舗の差別化もされているのかもしれませんね。

マツモトキヨシ心斎橋店

大阪府大阪市中央区心斎橋筋2-1-21

最後に

心斎橋筋商店街はコロナ禍で閉店の店舗が相次ぎました。

現在もテナント募集の看板が至るとこるで目立ちます。(23年1月)

海外からのお客様(特に中国からのお客様)が売り上げを支えてきたので

その客層が早く戻ってきてほしいところです。

しかし、そんな中でも

今回ご紹介したお店は新たな店舗の

芽吹きを見せてくれたようにも感じました。

今年は新しい商店街の姿を見せてくれるかもしれません。

期待したいですね。

大人のオシャレを楽しむ。ダニエルウェリントン

コメント

タイトルとURLをコピーしました