韓国コスメ スポンサーリンク

京都三条【TIME’Sビル】(安藤忠雄建築設計)見学レポート

※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
建物
スポンサーリンク

先日(2022年10月)に

京都三条通り、高瀬川に面して建築されているTIME’Sビル』の

内覧をすることができましたので

安藤忠雄建築の「美」の一端をご紹介させて頂きます。

コンタクト
安心・安全の全品国内正規品!コンタクト通販ならアットスタイル

現在も建物の存在感があります

現在の『TIME’Sビル』は全区画未入居で

建物一棟(又は各フロア一括)を賃貸して頂けるテナント様を募集中です。

以前までは、ファッション店舗であったり、レストランが入居していて

三条通りのおしゃれな商業施設として、認知されていました。

しかし、現在も建物自体は高瀬川に面する美しい建物としての

存在感はしっかり主張しているように感じます。

 



安藤建築のコンセプトがよくわかります

建物の中へは初めて入らせて頂いたので

建築好きの私は、ワクワクしながら館内を拝見させて頂きました。

やはり安藤忠雄さんの建築はやはり美しいし、自然の取り込みを感じます。

反面、複雑でユニークだなと感じました。

テナント様の使い勝手はあまり考えず(笑)

あくまでも、安藤建築のコンセプトを優先した建物になっていますね。

そうすることが、来店されるお客様も楽しいだろうし

心地よい時間が過ごせると考えていたんだと思います。

安藤建築が注目されるのは、強いコンセプトへのこだわり

形(建築)になっているからであり、

また皆が共感できるからだと感じます。

建物は1階~3階(一部地階)

1階部分は高瀬川に隣接している床になります。

ここは、カフェが以前はありましたね。

川のゆるやかな流れを感じながらお茶を飲む。

もう理想だと思います。

2階は地上から入る床になります。

以前はファッションのお店がありました。

奥の建物にはバーなどが入居していたそうです。

3階は地上から言えば2階のイメージになるでしょうか。

こちらも飲食や物販店舗が入っていたようです。

 



建物は1期と2期(増築)で建てられた

『TIME’Sビル』は1期と2期(増築)に分かれていて

南側へ増築された形になっています。

恐らくその1期と2期(増築)の間に吹き抜けができており

ここからも自然光が差し込むような設計になっています。

私は、「住吉の長屋」で建物と建物をデッキで結ぶスタイルを

ここでも想像してしまいました。

雨の日も風の日も、「日々是好日」

自然と共に生きるですね。

南側の入口

南側にも入口を設置して(地主を説得してというエピソードも)

人の流れを作ったようです。(私はこの入口初めて知りました)

ここから、入店する人はかなりの“通”だと思います。

一期の頃の模型を見つけました。

出典:建築博物館 設計:安藤忠雄、昭和59年(1984)年

 



建物の概要

建物の概要

所在地:京都市中京区三条河原町東入中島町92番地(住居表示未実施)

延床面積:約252坪(1階~3階、一部地階)

竣工年月:1984年9月竣工 1991年9月増築

設計:安藤忠雄建築研究所

改めて安藤建築を堪能させて頂きました。

この建築を生かしてくれるテナントがあるといいですね。

建物一括(又は各フロア一括)で入店にご興味ある方は

当方までご一報(メール)頂けますと対応させて頂きます。

(2022年10月現在)

コメント

タイトルとURLをコピーしました