スポンサーリンク

ミニチュア写真家【田中達也】|『徹子の部屋』出演まとめ

テレビ

2022年8月10日の

ミニチュア写真家の田中達也氏が出演された「徹子の部屋」を観ました。

テレビで映る田中達也さんは緊張してる風でもなく

全く無駄なく、ご自分の作品や仕事の話をされていましたね。

黒柳徹子さんは「かわいい、かわいい」の連発のことば。

徹子さんに押されることなく、田中さんが番組を引っ張っていて、

大変興味深く、色々知ることができ有意義な時間でした。

オープニングの作品

「徹子の部屋」が始まって画面に映ったのがこの写真

田中達也ツイッターより

バームクーヘンを虹に見立てて動物のミニチュアが歩いているシーン

夢がありますよね。

もう1枚のパネルの写真が

カイワレ大根を林に見立てパンダと少女のシーン

黒柳徹子さんはパンダも大好きなので、可愛いの連発でした。

放送画面の写真ありましたので、こんな感じです。

この番組は8月17日まではTVerで配信しています。

テレビ朝日『徹子の部屋』HP

田中達也氏はこんな方

ご紹介が遅れましたが、田中達也氏のプロフィールをご紹介

MINIATURE CALENDAR

田中 達也
ミニチュア写真家・見立て作家。1981年熊本生まれ。

2011年、ミニチュアの視点で日常にある物を別の物に見立てたアート「MINIATURE CALENDAR」を開始。以後毎日作品をインターネット上で発表し続けている。

国内外で開催中の展覧会、「MINIATURE LIFE展 田中達也見立ての世界」の来場者数が累計180万人を突破(2022年5月現在)。

主な仕事に、2017年NHKの連続テレビ小説「ひよっこ」のタイトルバック、日本橋高島屋S.Cオープニングムービー、2020年ドバイ国際博覧会 日本館展示クリエーターとして参画、など。Instagramのフォロワーは350万人を超える(2022年3月現在)。著書に「MINIATURE LIFE」、「Small Wonders」、「MINIATURE TRIP IN JAPAN」、絵本「くみたて」など。

引用:MINIATURE CALENDAR

私も田中達也さんは大好きでインスタもフォローしていますが

今はドバイの国際博にも参画されるほどの

日本を代表するクリエイターなんですね。

「ひよっこ」のタイトルバックの仕事された方

田中達也氏の仕事で有名なのは

2017年NHKの連続テレビ小説「ひよっこ」のタイトルバックのミニチュア作った人

って紹介すると、ご存知ない方もわかりやすいかもしれませんね。

週間女性PRIME

このブラシの作品は番組でも登場していました。

稲刈りをしている田舎シーンが実によくできています。

絵本「くみたて」の話が印象的

番組の中で紹介された絵本くみたて」の話が印象に残りました。

「くみたて」の「見立て」をコンセプトにしているところがいい。

普段身の回りにあるモノを違ったものに観る視点は実に面白い。

子供の絵本としても楽しいし

想像力発想力、そして新たなモノを作る創造力を育てる。

そんなことを感じました。

最後に印象に残った作品をいくつか

番組ではたくさんの作品が紹介されていましたが

すべてはご紹介が難しいので

印象に残った作品をいくつかご紹介。

田中達也ツイッターより

オレンジを輪切りにして南国リゾートのトロピカルな夕日を眺めるカップルのシーン。

食品サンプルの話も興味深かったです。

食品サンプルを作れるスタッフを専属に抱えてモノづくりしているとのこと。

そりゃ毎日作品を発表していたら、

制作に対する注文も多いだろうし、専属が必要だなと思いました。

田中達也ツイッターより

すごくシンプルな作品なんだけど、この2つの色の違うアイスを観て

このシーンが発想できることに驚きました。

アイスのサンプルも見事です。

確かご子息の発想から作った作品だったように思います。

タイトルは「うまく着地できるのはひと握り

2つぐらい係ってますよね。実にうまい!

ダジャレがタイトルになる事が多いようですが

これを考えるのも大変でしょうね。

田中達也さんのスマホにはたくさんのアイデアが記入されていて

当分はアイデアに困らないという事でした。

才能がある人はこういう方なんだろうなと思いながら、

番組を観終わりました。

にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村


アートランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました