スポンサーリンク

【雑誌penバックナンバー】『捨てない』2つの注目した記事

建物
スポンサーリンク

雑誌pen 2021.10号 『捨てない』 

雑誌『pen』はいつも新号は気になる雑誌である。

2021.10号も『捨てない』のタイトルに惹かれペラペラめくってみた。

世間ではどちらかというと、要らないものは「捨てよう」の流れだけど

penでは逆張りで特集を組んだのだろう。

「捨てない」は「もったいない」「有効活用」も連想される

「SDGs」を意識しているようにも思う。

私が感心を持った記事は2つ

スクラップ&ビルドではない、これからの建築のあり方

引用:pen 2021.10号 『捨てない』

クリエイティブディレクター佐藤可士和氏と建築家 田根剛氏の対談のページ

2人の話も興味深いんだけれど、

彼らが携わってきたプロジェクトに興味を惹かれた。

引用:pen 2021.10号 『捨てない』

面白いのは、これまでは新しい建物のそのものが主体であったけれど

これからは、再生や記憶、循環といったコンセプトが主体になっているところ。

彼らの言葉は、今の時代にあった「うなずかせる」キーワードが多かったな。

第2特集 パリの新名所 (ブルス・ドゥ・コメルス ピノーコレクション)

引用:pen 2021.10号 『捨てない』

2つ目の注目した記事は

安藤忠雄氏が手掛けたブルス・ドゥ・コメルスの改修プロジェクトだ

ブルス・ドゥ・コメルスの歴史建造物の中に

コンクリートの円筒とガラス壁を入れ込み

美術館に作り替えようとする

安藤氏ならではの発想の作品だと感じた。

引用:pen 2021.10号 『捨てない』

ここでも歴史建造物に敬意を払い、新しい建造物を取り込むという

新旧建物の融合がテーマになっている。

他の記事も『捨てない』が切り口になった業態が面白い

アパレルやグッズ、農作物、家屋等様々な業態で

再生の具体記事が上げられており、

目線が変わり参考になった。

時代の流れを感じる一冊だったと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました