韓国コスメ スポンサーリンク

【枡野俊明 禅の本】悩み多い人に読んでほしい

※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
フリーランス
スポンサーリンク

『ミステリと言う勿れ』がTV放送されてから、

どうも枡野俊明さんの本のことが頭から離れない。

それはなぜかというと、

主人公、久能整君の名前がひっかかるからなんです。

“整”という漢字が、

枡野俊明著書の『ととのえるを思い出してしまうのです。

枡野俊明さんは、私にとっては心の悩みを“整えて”くれる

本を通じての師匠でもあります。

枡野俊明氏は曹洞宗徳雄山建功寺住職であり、

庭園のデザイナーでもありますが

たくさんの著書も出されており

その中でも私が今でも大切にしている1冊を

ご紹介したいと思います。

 



今回ご紹介するのは

『人生は凸凹だからおもしろい』です

この本の目次としては(・・・のあとは私のコメント)

 第1章 不完全をよしとする「禅」に学ぶ  ・・・ 「禅の庭」が主題になっています

 第2章 日本の文化は凸凹を固定してきた  ・・・ 千利休が主題になっています

 第3章 食も、健康も、死に方も「足る」を知る・・ 「食」や「死」を通じて禅を語ります

 第4章 人生は「凸凹」だからおもしろい  ・・・ 禅の世界で人生をを語ります

引用:人生は凸凹だからおもしろい

この本を選んだ理由は、

これまでの枡野氏のすべての要素が入っていると思ったからです。

庭園デザイナーの枡野氏、茶の世界を知る枡野氏、

そして禅を通して人生を語る枡野氏

すべてが堪能できる内容になっています。

枡野氏の本を読むと付箋がいっぱいになります。

そのくらい、禅を通しての教えが多いです。

そしてざわついていた心が落ち着いて行き、

ニュートラルに戻っていきます。

本来の人間の姿はどうあるべきか、

生き方はどうあるべきかが

読書を通じて心が豊かになっていくと思います。

悩み多い方に是非読んでほしい

私もフリーランス歴30年を超えてしましましたが

やはり、苦しいことの方が多かった。(今も苦しいですが)

というか、楽天的になれず

すぐに悩みにしてしまうんですね。

(頭の中や心の中に雲がかかってしまう)

でも、枡野氏の著書を読んでいると心が落ち着き、

整ってくるのです。

枡野氏は常々書かれていますが、「今を生きる」ということ。

昨日でも明日でもなく「今を懸命に生きる」ということを。

そんな皆がわかっている言葉でも、

枡野氏の文章を読んでいるとうなずいてしまうんです。

枡野氏の本はそんな大事なことを“ハッと”心に開かせてくれるんですね。

悩み多い方や

何か考え方でしっくりこない方など

まだご存知のない方は是非一読を。

コメント

タイトルとURLをコピーしました